車の査定というと、以前は何か煩雑

車の査定というと、以前は何か煩雑

車の査定というと、以前は何か煩雑なものというイメージがあるものでしたが、誰もがネットを利用する世の中になってからは手間も時間もかからないものとなりました。

スマホやタブレットを持っていたらいつでも査定サイトにつないで、査定の申し込みができるようになっています。 続きを読む

買い取り業者による実車査定の際メーカーがどこか、車種は何か、と

買い取り業者による実車査定の際メーカーがどこか、車種は何か、と

買い取り業者による実車査定の際メーカーがどこか、車種は何か、ということだけではなくて、車検証の情報から年式、グレード、カラー、などを確認するのは基本中の基本です。それに、車の動作チェックをはじめ、細かい機器の動きや足まわりを含めた外装のチェックも行われ、少々複雑なエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、査定自体にかかる時間というのは15分、あるいは30分位は見ておくべきでしょう。 続きを読む

車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、

車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、

車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、業者に査定に来てもらったところで、ほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。 続きを読む

中には、車査定を受けようとする際に、洗車をす

中には、車査定を受けようとする際に、洗車をす

中には、車査定を受けようとする際に、洗車をすべきか悩む人もいるようですが洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。

査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、汚れをきれいに落としてしまうと、表面にある細かいキズがとても目立ってきます。 続きを読む

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減

車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減点査定の対象となります。

5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。 続きを読む