先日、長年乗っていた愛車を売ってきました。売るのを決めた際に中古

「そろそろ車を売りたいな」となった

先日、長年乗っていた愛車を売ってきました。

売るのを決めた際に中古車販売の業者から、売った車をその後WEBで販売する流れや売却の手続きに関する書類などのわかりやすい説明を受けました。

大切にしてきた車なので、大事に扱ってくれる人に売れるといいなと思い、こちらも真剣に説明を受けました。

大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、あらかじめ洗車しておいたところで、それが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

素人による清掃は誰にでもできるのですから仕方がないことです。

ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

査定時に車がきれいだと、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

車の値付けや取引をしているのは人間ですから、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。

今どんな車をお持ちでしょうか。その車を売却しようとする際、心情としては、ほんの少しでも高い金額で売りたいと思うものです。

売却したい車のボディカラーが、もしも一般に人気の高い色だったなら、査定の時に結構高い値段がついたりすることもあり得ます。人気のある色というのは、時代を経ると変わっていくものですが、白や黒、あるいはシルバーといったような無難な色はいつの時代においても、もちろん現代においても人気を維持し続けています。

通常の中古車なら自動車の買取に出すことで高く売ることもできますが、事故を起こした自動車となると引取りして貰えるだけでも十分とお思いになってしまうかもしれません。しかしながら、最近では事故車でも一括査定でいろんな買取会社の査定を受けると、想定以上の高値で買い取ってもらえるチャンスもあるのです。支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税が月割で返金されることはないのです。

しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に必ずしておくことといえば、ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はよく読んで理解しておく必要があります。大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してから契約書を交わすようにしましょう。

これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう原因には何点かありますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。ケースによっては0円にまで下がることもあることを知っておいてください。

そうは言っても、事故などで修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。結果を連絡してもらうためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、さほど意味がないかもしれません。

買取希望の車の査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで見積金額のアップが狙えます。

過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、嘘をつかずに申告してください。

先に述べた査定基準をチェックした上で、オークションの査定相場金額を鑑みて、実際の査定金額を導き出します。

車を高く買い取りしてもらうコツは、車の査定を、複数の買取業者に依頼することです。

面倒臭いからと言って、1つの業者にのみ、車の査定をしてもらい、買取した場合だと、愛車が適切な価格で引き取ってもらえたのかが知ることができません。

少し時間と手間をかけることで、買い取り金額にはっきり差がでてしまいます。